他の方に任せっぱなしではいけないと考えられます。

つい先ほどまでとても機嫌が良かった方も、ひょっとしたら次の瞬間にはとても不機嫌な状態になっているのかも知れません。

このような事が日常的に沢山私たちの周りで起こっていると考えられるのではないでしょうか。

そのような事が起こっていると気が付かない事も沢山あり、そのような中で日々を過ごしているのかも知れません。

しかし、あまりにもこのような事に気が付かなかった場合には、若い方が少年事件を引き起こしてしまうような事にもなりかねません。

少年事件が発生した後、その若い方に対して弁護士の方が就いて対応をしてくれるようなシステムにはなっていますが、ただそのシステムに頼り過ぎていたのではいけないでしょう。

少年事件を引き起こした本人は、私たちと同じ人間です。

ですから、事件があれば弁護士に頼んでおけば良いという、型にはまった考え方だけで社会が成り立っていたとしたら、その本人さんは嫌な気持ちだけが残ってしまうのではないでしょうか。