取材会見に応じる少年事件を担当する弁護士に対して

絶対に私たちがしてはいけない事が世の中には沢山あると考えられています。

そのような事をもしもやってしまったとしたら、少年事件のように世間で騒がれる事になります。

そのような報道をするのはマスコミであると一般的には考えられるかも知れません。

事件を担当している弁護士がマスコミの取材に応じている光景をテレビで観る事がありますが、その弁護士は実際に少年事件を引き起こした本人に代わって色々な事を世間に伝える役割を果たしているものと考えられるのではないでしょうか。

ですから、その方はできるだけマスコミからの質問に対して丁寧に、そして事件の真相を多くの方に伝える使命を考えながら話していると思います。

そこにある考え方として、世間の方々に対する思いと、事件を起こした少年本人に対する思いの両方が入り交じっているのかも知れません。

ですから、私たちはできるだけそのような思いを汲み取ってあげて、静かに見守っていきたいと思います。